1. 商品の選び方(特徴、機能など)

【機能編】

家庭用のコピー機でもいいんじゃない?

家庭用でも高機能な機種があります。月間使用枚数が少ない場合(200枚以下)でしたらブラザーやキャノンから出ている機種でもオフィス用としてご使用いただけます。
例)ブラザーのMyMio「DCP-535CN」の場合印刷コストは、A4文書が約7.9円/枚 L判の写真プリントが約19.8円/枚(A4なら46.5円/枚)となります。
⇒枚数が200枚/月を超える場合はランニングコストと耐久性の面でリコー・キャノン・シャープなどのビジネス複合機をお薦めします。

【メーカー編】

あの有名メーカーの方が良いのでは?

平成21年度のコピー機(複合機)シェアはリコー32%、キャノン26%、ゼロックス15%でした。
中古機を選ぶ時は“修理の視点”で検討していただく事をお薦めしております。
上記のメーカーでは修理用部品は正規ディーラーでしか入手できず、またメーカーでは部品出荷時に“どこのお客様”で“どの機種”に使用したかを管理していますので、中古機用に流用することが非常に難しくなっています。
また、他店では購入後は「メーカーと直接保守契約」を結ぶように勧められる事がありますが、メーカーは非常に高い料金を提示される場合がありますので、購入前にしっかりと保守契約についてご確認ください。

2. 納品について

使い方ちゃんと教えてくれるかな?

納品時にはプリンター・スキャナーの設定や、FAXのヘッダー登録(発信元の印字設定)を行い、すぐにお使いいただけるようにします。
また、FAXの受信原稿を紙で出力せずに直接パソコンのフォルダーに保存したりなど、お客様の業務にあわせた細かい設定も行います。
納品後も気軽にご相談いただきたいので、 基本的には大阪府下(隣接市部)で販売を行っています。目安としては弊社サービス拠点(大阪市中央区、東大阪市、神戸市東灘区)から1時間以内にお伺いできるエリアでご利用をお願いしております。

3. 故障や品質について

納品前に動作確認、消耗部品の交換、クリーニングを済ませてから出荷しています。また、 弊社で販売するコピー機はすべてカウンター保守サービスに加入いただけますので長期にわたって安心してご利用いただけます。

カウンター保守サービス
→ 定期点検+故障時の訪問をご提供できます。
→ メンテナンス契約を結んでいただいたお客様にはトナーを無償で提供します。

永くご使用いただくために…
メンテナンス契約
弊社よりコピー機を購入いただいたお客様には必ずご加入いただくサービスです。 この契約にご加入いただく事で、定期点検・故障時のスポット対応費(重大な故障時は代替機の貸出し含む)・消耗部品の交換・トナーの提供が受けられます。

メンテナンス料金
コピーの使用枚数に応じて請求させていただきます。モノクロ1枚につき5円、カラー出力1枚につき25円を請求いたします。
(上記の条件は大阪市および隣接市部が対象です。)

保証期間
メーカーの保守用部品保管期間は製造終了後、7年間となっておりますのでその期間を超えての保守サービスはご提供できませんのでご了承ください。
例)MX-2300FG 製造終了:2008年7月 ⇒ 保守部品保持期間:2015年6月
保守期間は2012年10月までとなります。

うちの会社にパソコンに詳しい人がいないけど大丈夫?

「インターネットが繋がらなくなった」「セキュリティソフトを変えたらスキャナーが使えなくなった」などのネットワークに関するご相談を多くいただいております。
そのほとんどは電話で解決できる内容ですので、「知り合いのパソコンにちょっと詳しい人」に聞くくらいの気軽さでご相談ください。

4. 返品について

返品ってできるの?

万一、納品させていただいた機器が不良品の場合は、交換させていただきます。(保証期間内)
お客様都合による返品もお受けします。納品後1週間以内にお申し出ください。
弊社に機器が返却された後、ご指定の口座にお振込いたします。

・ お客様によるキズ・汚れ・破損した場合や消耗品は返品できません。
・ 納品時の工事代金・搬入費などは返金できませんのでご了承ください。
・ コピーの場合は返品までに使用したカウント料金は返金額から相殺させていただきます。
・ 返品時の送料はお客様負担となります。

お問い合わせはこちら