【障害対応】ビジネスフォン SAXA HM700 レイヤダウン

■障害内容
・電話機の画面に「レイヤダウン」と表示されて発信できない。
・携帯電話からかけると話し中になる。

■復旧方法(お客様でも試していただける方法)
①最初に主装置の電源を切ります。(SAXA HM700std)
主装置前面に電源スイッチがあります。

②次にOG410Xiの電源を切ります。

下記の3個のランプは消えていて正常の状態です。
「INIT」 初期状態もしくはメモリにアクセスしているときに点滅
「ALARM」 不具合発生時に赤色で点灯
「CLK」  外部の機器と同期している状態を表示

OGに電源のスイッチは無いので背面の電源ケーブルを抜いてください。
NTT OG410の取扱説明書はこちらからご覧いただけます。

③OG410Xiに電源を入れます。
上記の3つ以外のランプが全て緑色に点灯したのを確認してから主装置の電源を入れてください。


■これでも復旧しない場合
OG410Xiの「VoIP」ランプが点灯していることから
OGには問題無いと考え、主装置に原因があると判断しました。
現在利用中のHMシリーズは当社で10年前(製造からは15年ほど経過)に中古でお買い上げいただいた機器です。
同じシリーズの商品と交換したかったのですが、同一機種の部品で状態の良いものが無く準現行機種のPLATIAシリーズに交換しました。

主装置・電話機を交換したところ、問題なく動作し一安心です。
お問い合わせいただいてから交換まで3時間でご対応できました。

他になにか気になることありますか?とお尋ねしたところ
「インターネットが急に遅くなったり、繋がりにくくなることがあるけど、ビジネスフォンの劣化とは関係ある?」との質問。
ネットワーク周辺も調べてみる事にしました。

■ネットワークにも問題がありました。
いわゆる「二重ルーター」の状態でした。
二重ルーターとは

こちらのオフィスではNTT製のOG410Xi(ルーター機能あり)を利用していますので
NECの無線ルーターは「BR(ブリッジ)=ルーター機能なし」にすべきところが
「RT(ルーター)=ルーター機能あり」となっていたのが原因でした。
RT/BR/CNV モード切替スイッチの使いかた

弊社ではOA機器の販売・レンタルなど行っております。
興味がある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。